連続バンド小説 「俺はまだ速弾きができない」 第7話

『その男、角刈りにつき』

2006年に一度つぐものを解散した後、俺はたけと一緒に新しいバンドを立ち上げた。
真面目なメタルバンドをやろうというのがスローガンだったが、別につぐものを真面目にやってなかったわけではなく、元ヤンが見た目と共に更生するような、そんな反動力からだった。

センさんは当初のバンドのスターティングメンバーで、その後やはり真面目なもう一つのメタルバンドを共にし、再始動したつぐものにベースとして加入した。
それまでは普通の格好で演奏していたのに、突如ハッピ、ハチマキ、足袋を渡され、お前はこれを着るのだ、と言われたときのセンさんの悲しみを帯びた苦笑いを俺は忘れない。彼は二児の父である。

初めて一緒にスタジオに入ったとき、センさんは椅子に座って黙々と4フィンガーベースを弾いており、その印象を持って俺は初ライブに臨んだ。
演奏中、虫の知らせのようなものを感じて下手に目をやると、ベースのヘッドを肩より下にポジショニングしダック・ウォークを決めた男が頭を振りながら猛然と俺の方にやってくるのである。そして俺のエフェクターを踏んで帰っていくのであった。
現在はセンさんの見えないところにエフェクターをセットするようにしている。

この頃のバンドの活動内容は、背伸びをするようなものが多かった。
そのペースと合わず、惜しまれつつもセンさんは翌年にバンドを去る。

その後ベーシストは幾人か入れ替わりがあり、その際も色々なドラマがあったが長くなるためここでは差し控える。

現在はまたセンさんがバンドに戻ってもう数年になる。

彼の復帰を願うばかり、何度断られても俺が昼夜問わず説得メールを送り続けるので、遂にセンさんが根負けしたのである。
俺達はもう一度剣を取り合った。
そして暗闇の先に指す光を求め再び迷走を始める。

当時俺達の出した答え、それはボーカリストを増やそうというものだった。

(続く)